interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 北海道の湖沼 渡島小沼

渡島小沼

LAKE KONUMA

駒ヶ岳の噴火によって形成された風光明媚な沼

Lake Travelogue : #294
Update : 2016/10/14
渡島小沼
概要
渡島の小沼。一般的には、ただ「小沼」と呼ばれます。
すぐそばには観光地として非常に有名な大沼があり、その大沼と対比してやや小さい沼なので「小沼」と言うわけですが、実際のところは、この小沼もなかなかの規模を持った、大きな湖だったりします。 あくまで大沼より小さいというだけで、湖上に多くの浮島を浮かべるその姿は、決して大沼にも見劣りしない立派なものです。

大沼と小沼は、狭戸(セバット)とよばれる細長い地形によって区切られています。両沼のあいだは水路でつながっているので、実質的に言ってしまえば、1つの湖のようなものです。 この接合部分にはJR函館本線や県道43号、そして大沼公園があり、なかなかの賑やかな区域になっています。また、小沼の北にある日暮山からは、駒ケ岳と大沼小沼の風景を眺めることができます。ここからの眺めも非常におすすめです。

西側には、大沼小沼と同じ駒ヶ岳噴火に由来する蓴菜沼(じゅんさいぬま)があります。
ただ、大沼が堰き止めで形成されたのに対して、小沼と蓴菜沼は陥没で形成されたのだそうです。

訪問記
訪問記1:2016/10/02
渡島小沼
いくつもの小島を水面に浮かべる小沼。
渡島小沼
手前の赤い橋梁は、JR函館本線。
渡島小沼
日暮山から見る小沼。ここからもいくつもの浮島が見えます。
渡島小沼
日暮れ山から見る大沼(上)と小沼(下)の接合部分と、狭戸(セバット)。
中央やや左の赤い橋は、2つ上の写真の橋と同じものです。
渡島小沼
奥が大沼、手前が小沼。
地図とデータ
項目名
所在地 北海道亀田郡七飯町
湖の成因 陥没湖
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約130[m]
河川 -
アイヌ名 -
写真アルバム