interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 武具脱の池

武具脱の池

MONONUGUNOIKE POND

草津白根の山中にある湿原池

Lake Travelogue : #299
Update : 2016/10/15
武具脱の池
概要
頂上火口近くには荒涼とした風景が広がる活火山、草津白根山。
標高を下げると、植生が復活してきます。武具脱の池は、そんな白根山の山麓にある湿原池です。すぐそばに白根火山ロープウェイの山麓駅があり、国道292号からもよく見える池です。

まず、そもそも「武具脱の池」という名前が面白いですが、「ぶぐだつのいけ」ではなく、「ものぬぐのいけ」です。知らないと読めないやつやこれ。
(「もののぐのいけ」とする案内もありますが、ここでは「ものぬぐのいけ」を採用します)
なんでも、源頼朝の軍勢に追われた源義仲(木曽義仲)の兵士たちが、この池に武具を投げ捨てて逃げた、という伝説に由来するそうです。

荒涼とした草津白根山ですが、この武具脱の池あたりでは植生が豊富で、多くの木々が見られます。私は紅葉の最盛期を逃してしまったものの、少し残っていた紅葉を楽しむことができました。

訪問記
訪問記1:2016/09/25
武具脱の池
湿原を備えた武具脱の池。
武具脱の池
紅葉は終わりかけですね。
武具脱の池
静かな池です。
武具脱の池
ドウダンツツジの紅葉。
武具脱の池
苔の森。
武具脱の池
雲が出てきました。
地図とデータ
項目名
所在地 群馬県吾妻郡草津町
湖の成因 湿原池
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約1515[m]
河川 -
写真アルバム