ホーム 地域から探す 近畿の湖沼 >御池岳元池

御池岳元池

MOTOIKE POND

カルスト台地の中にある美しき山上池
御池岳元池
概要 地図 データ 写真スライド 登山記録
○○○EXPLANATION 解説 ↑ページ先頭に戻る
御池岳元池 御池岳元池 御池岳元池
訪問日:2015/5/21
鈴鹿山脈は、岐阜・三重・滋賀の3県にまたがって南北方向に連なる山脈であり、その最高峰である御池岳(おいけだけ)は、山頂部分に「テーブルランド」と呼ばれるカルスト台地が広がっています。
カルスト台地を構成している石灰岩は、よく水を通すそうなので、台地上には河川ができずに、水は地下水となって流れていきます。その水がしばしば石灰岩を溶かし、地表に窪地(ドリーネ)を作ることがあります。
御池岳のテーブルランドにもそんなドリーネが数多くあるのですが、さらに、そのドリーネに水が溜まったまま、池となっている箇所が多くあるのです。山の名前「御池岳」の由来も、そこから来ています。

5月、北側の鞍掛峠から山にり、北部の鈴北岳からテーブルランドに入りました。そのとき、一番最初に訪れたのが、テーブルランド最大でもあるこの「元池」。
「日本庭園」と呼ばれる、苔の生育した平原の道をすこしわきにそれると、すぐにたどり着きます。案内板もあるので、テーブルランドの池のなかでは非常に行き易い池です。

小高い丘を背負い、底の土の色がはっきりとわかる、透明な水を湛えた池。どこから見ても美しいですが、入口から背後に回り込んでみて、御池岳をバックにした風景が、もっとも写真映りのよい風景と言われています。確かに、実際にやってみて、御池岳を背負う元池の姿は絵になりました。

どこを切り取っても美しい、カルスト台地の小さな池。ここは、私にとって忘れがたい池のひとつになりました。

○○○Yahoo! MAP Yahoo!地図で見る ↑ページ先頭に戻る
○○○DATA 湖沼情報 ↑ページ先頭に戻る
所在地 :滋賀県東近江市
湖の成因:ドリーネ池?
周囲総長:-
面積  :-
最大水深:-
貯水量 :-
標高  :約1155[m]
河川  :なし
○○○PHOTO GALLERY 写真アルバム ↑ページ先頭に戻る
・このサイトでは、アクセス解析を行っております。
・このサイトの全内容をご覧頂くには、ブラウザのJavaScriptを有効にしていただく必要がございます。
詳しい動作環境・規約については、こちらをご覧ください。