interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 東海北陸の湖沼 根道神社の池(モネの池)

根道神社の池(モネの池)

POND OF NEMICHI SHRINE "POND OF MONET"

関市板取の根道神社にある池。

Lake Travelogue : #247
Update : 2016/05/22
根道神社の池
5STAR-LAKE
概要
2005年に、関市との合併によって消滅した岐阜県の旧板取村。
その旧板取村に、美しいと話題になり、多くのひとを呼び寄せている小さな池があります。それが人呼んで「モネの池」。
言わずと知れた印象派の巨匠クロ―ド・モネの代表的作品である「睡蓮」の絵とそっくりな池である、という理由から、モネの池と呼ばれるようになったそうです。

さて、その池です。旧板取村の根道神社という神社に、その池はあります。
あまりに人気が出てしまい、人が多く訪れるということで、午前中の早い時間に現地に行ってみました。
雨が降ってしまうと土砂が流入して池が濁ってしまうとのことで、なるべく晴れが続いた日を狙って現地へ。
9時前に現地に着くと、すでに駐車場は多数が埋まっており、池の周りにはカメラの列が。
それでも、無事池を撮影することができました。
すでにネット等で既知ではあったものの、噂にたがわぬ美しい姿に、1時間ちかくも池周辺で過ごしてしまいました。

時間によって日の当たり具合が変わり、池の表情も少しづつ変わっていくので、多彩な風景が楽しめます。
もちろん、自分のポジションも変えてみることで、いろいろな池の表情を楽しめます。
クロード・モネの「睡蓮」も、何枚にもわたって時間・天候・季節を変えて書かれた作品ですので、「モネの池」も、さまざまに時間・天候・季節を変えて楽しむのが、流儀かもしれませんね。
訪問記
訪問記1:2016/5/14
根道神社の池
岐阜県関市(旧板取村)の山間に、多くのひとが訪れる小さな池があります。
駐車場から池に歩いて向かうあいだに、もう遠くに明らかにそれとわかる人だかりが。
根道神社の池
初夏、田植を終えたばかりの田んぼっていいですよね。
根道神社の池
これが噂に名高い根道神社の池、人呼んで「モネの池」です。
この角度では、なにがモネなのかイマイチわからないですが・・・
根道神社の池
上から見ると・・・
根道神社の池
おどろきの透明度。
鯉が浮いて見えます。
遠くから見るとただの四角い池にしか見えないのに、この風景のギャップにはびっくり。
根道神社の池
ツツジの季節。
根道神社の池
睡蓮と、池に彩りを加える錦鯉。
根道神社の池
肉眼ではもう少し水色に見えました。
根道神社の池
鯉が本当に浮いているかのよう。
根道神社の池
場所によって、そして日の当たり具合によって、池は様々な表情を見せます。
根道神社の池
池の中からみたら、水草の森でしょう。
根道神社の池
いろいろな撮り方ができるのが面白い池です。
根道神社の池
睡蓮(ヒツジグサ)の季節はもうすこし先ですが、コウホネが咲いていました。
地図とデータ
項目名
所在地 岐阜県関市板取
湖の成因 不明(湧水+人口?)
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約230[m]
河川 -
写真アルバム