interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 織姫の池

織姫の池

ORIHIME POND

巻機山の山頂近く、美しい山上の池塘

Lake Travelogue : #327
Update : 2018/07/01
織姫の池
5STAR-LAKE
概要
三国山脈の東部に位置する巻機山。山頂には美しい湿原が広がっていますが、その少し下に「織姫の池」と名のついた池塘があります。 七夕に由来するものではなく、巻機山に伝わる機織り伝説に由来するものだそうです。 山の名前が「巻機山」ですし、山頂部には「御機屋」という場所があったりして、その由来を随所に見ることができます。

さて、そんな巻機山に6月に登り、織姫の池を見てきました。
山頂部につくまではなかなか長い登りを登る必要がありますが、九合目のニセ巻機山(前巻機山)を越えた瞬間、目の前に雄大な巻機山山頂部が突如として現れます。 この心憎い演出には、思わず声をあげてしまうほどの感動を覚えました。
そんな山頂部の一角に大きめの池塘があります。それが織姫の池です。 谷川岳や、遠く苗場山まで見渡せる山々を背景に、イワイチョウやワタスゲが咲き、空を映す織姫の池の風景。この美しい山上の別天地はなかなか去りがたく、この地をしっかりと堪能しました。

訪問記
訪問記1:2018/06/28
織姫の池
長い長い井戸尾根の登山道を登りきった瞬間、目の前にどどどーんとこの景色。
左にピラミダルな割引岳。右のなだらかな山が巻機山です。
井戸尾根を越えて、ニセ巻機山に到達すると、途端に別世界が広がる見事な演出です。
織姫の池
やがて前方に大きめの池塘が見えてきます。織姫の池ですね。
織姫の池
池塘の青空。
織姫の池
青空の鏡。
かなり大きめの池塘で、特別に名前が付いているのも納得です。
ある一定以上に大きい池塘には名前が付く傾向があります。
織姫の池
しかしこれは美しい。
なんだか秋のような雲でした。気候はバッチリ夏ですけどね。
織姫の池
巻機山への登りから織姫の池を俯瞰。池は2段構造になっています。
織姫の池
織姫の池と、彼方に谷川岳まで連なる山々。
左奥が谷川岳です。
織姫の池
もうすこし登った巻機山山頂部にもいくつかの池塘があります。
池塘から望む三国山脈。中央に谷川岳。
織姫の池
山頂部に咲くタテヤマリンドウ。
織姫の池
こちらも山頂部の湿原によくみられるイワイチョウ。
織姫の池
下山時、織姫の池に戻ってきました。
池が2段構造になっているのがよくわかります。
織姫の池
巻機山山頂部に、美しい池塘がありました。
地図とデータ
項目名
所在地 新潟県南魚沼市
湖の成因 湿原池
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約1850[m]
河川 -
写真アルバム