白駒の池

SHIRAKOMANOIKE POND

ドウダンツツジの紅葉が有名な、北八ヶ岳の美しい池
白駒の池
概要 地図 データ 写真スライド 登山記録
○○○EXPLANATION 解説 ↑ページ先頭に戻る
白駒の池 白駒の池 白駒の池
訪問日:2015/1/1~2015/1/2
【再訪編】
2015年のお正月。厳冬期の白駒の池に再訪しました。
池の表面は白く凍結しており、湖畔のドウダンツツジも、シラビソ・コメツガと苔に彩られた周囲の針葉樹林も 白く染まり、秋とは全く違う表情の池がそこにありました。

池の南西にある高見石という展望台から、白駒の池を見下ろすことができます。ここからの景色は必見!!
私もその景色が見たくて、ここにある高見石小屋に宿泊して、翌朝の日の出の風景を拝むことができました。
この時期、太陽そのものは、高見石から見ると、白駒の池よりもかなり南にあるニュウという山から登ります。 なので、池と太陽を同じ写真に収めるのは相当の広角、またはパノラマ機能を使わないと難しいのですが 太陽の高度の変化によって、少しずつ変わっていく空と池の表情を楽しむことができます。

冬の白駒の池に行くには、軽アイゼン・スノーシューなどの冬山装備が必要になりますが、この景色はとてもオススメです。

白駒の池 白駒の池
訪問日:2010/10/11
八ヶ岳山麓、八千穂高原を貫く国道299号線『メルヘン街道』。この道が麦草峠を超えるあたりに、白駒の池入口の駐車場(有料)があります。ここからオオシラビソやコメツガの薄暗い林を15分ほど歩くと、白駒の池に到達できます。
池の畔には、2つの山荘があります。周囲1.3kmほどの池ですが、八ヶ岳火山湖沼の中では最大であり、標高2000m以上の場所にある湖沼の中で日本最大でもあります。
非常に美しい風景の池ですが、特にドウダンツツジの紅葉が有名で、人気の紅葉スポットとして認知されています。紅葉の時期は、多くの観光客で国道や山道が大変混雑します。この素晴らしい風景は是非現地で味わっていただきたいのですが、訪れる際は余裕をもって行動されることをお勧めします。


○○○Yahoo! MAP Yahoo!地図で見る ↑ページ先頭に戻る
○○○DATA 湖沼情報 ↑ページ先頭に戻る
所在地 :長野県南佐久郡佐久穂町、小海町
湖の成因:堰止湖
周囲総長:約1.35[km]
面積  :約0.11[km^2]
最大水深:約8.6[m]
貯水量 :-
標高  :約2115[m]
河川  :大石川(流出)
○○○PHOTO GALLERY 写真スライド ↑ページ先頭に戻る
2015
2010
・このサイトでは、アクセス解析を行っております。
・このサイトの全内容をご覧頂くには、ブラウザのJavaScriptを有効にしていただく必要がございます。
詳しい動作環境・規約については、こちらをご覧ください。