大正池

TAISHO POND

立ち枯れの木々と穂高の山々を望む、上高地の代表的な景勝地

大正池

大正池

EXPLANATION
釜トンネルを抜け、上高地へ入るとまず見えてくるのが大正池。大正時代に焼岳の噴火によって発生した土砂によって、梓川が堰き止められることにより形成されました。
水の透明度は高く、泳ぐ魚やカモの足の動きまで見ることができます。北を向けば穂高岳、西を向けば焼岳が望め、池の中には立ち枯れの木々が並ぶ風景は、パンフレットなどにもよく載る上高地の代表的風景です。

上高地には一般の車は入れないのでバスを利用することになります。バスは上高地バスターミナルが終点ですが、せっかく上高地に訪れたなら、大正池バス停で下車されることをお勧めします。 そこからバスターミナルまでは徒歩1時間ほど。すばらしい大正池の景色を楽しむことができます。

YAHOO! MAP
DATA
所在地 :長野県松本市
湖の成因:堰止湖
周囲総長:約2.4[km]
面積  :-
最大水深:約3.9[m]
貯水量 :-
標高  :約1490[m]
河川  :梓川(流入・流出)
PHOTOGALLERY OF TAISHO POND
スライドショーを自動再生しています。一時停止ボタンをクリックすると、自動再生が止まります。
画像をクリックすると、外部ページ(Picasa ウェブアルバム)にジャンプします。