interact-photogallery.net」ドメインでアクセスしている方へ
お手数をおかけしますが、「日本湖沼めぐり」のドメインを「lakes-japan.net」へ移行するため 新しいドメインのトップページへアクセスし直してください。
大変恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
新しいドメイン http://www.lakes-japan.net
閉じる
ホーム 関東甲信越の湖沼 栂池湿原群

栂池湿原群

MARSHES OF TSUGAIKE HIGHLAND

3層の高層湿原が美しい、高原の湿原群

Lake Travelogue : #288
Update : 2016/10/08
栂池湿原群
概要
白馬岳の東麓に広がる栂池湿原の池塘と、その周辺にある池を、1つのページにまとめました。
湿原にはモウセン池をはじめとした池塘が点在し、その周辺には(湿原の名称にもなっている)栂池や、雁股池があります。 とはいっても、栂池や雁股池にはアクセスする術がなく、遊歩道から眺めるだけになります。
まあ、道なき道を行けば行けるのかもしれませんが、、、オススメはできません。

さて、そんな栂池湿原、ゴンドラリフトとロープウェーを乗り継いで行くので、多少時間がかかりますが、簡単に1800mオーバーの湿原まで行くことができます。 湿原は3層構造になっていて、入口側からミズバショウ湿原、ワタスゲ湿原、そして最も奥に浮島湿原があります。入口と奥では100m以上の高低差があるので、紅葉のタイミングも異なっています。

晴れていれば、湿原の西側に白馬の山々が見え、雄大な景色が広がります。晴れていればね・・・
あいにくのガスで、白馬の山まで見渡すことはできませんでしたが、すぐそばの白馬乗鞍岳の斜面は迫力満点でした。

池塘・湿原・周辺の池を↓に表示しています。
池塘・湿原・周辺の池を↓に表示しています。
訪問記
訪問記1:2016/09/25
栂池湿原群
もっとも手前にあるミズバショウ湿原。
右側に見えている斜面は、白馬乗鞍岳です。
左奥には白馬岳をはじめとする山々が見えるのですが・・・この日はガスの向こう。
栂池湿原群
続いてワタスゲ湿原。この起伏が風景に良い味を加えています。
栂池湿原群
最奥の浮島湿原。紅葉見ごろ。
栂池湿原群
湿原の南側にある雁股池が、木々の間から見えます。
栂池湿原群
こちらは栂池。森の中にひっそりと。
栂池湿原群
西端の展望台からは湿原の3層構造が良く分かります。
手前が浮島湿原、その上がワタスゲ湿原、その上にミズバショウ湿原と栂池ヒュッテなどの山小屋群。
栂池湿原群
モウセン池。ナナカマドの赤が印象的。
栂池湿原群
静かなモウセン池。
栂池湿原群
いい景色。
栂池湿原群
浮島湿原の池塘。
栂池湿原群
ワタスゲ湿原。
栂池湿原群
清流には魚(イワナ?)がたくさん見られました。とにかくでかい!!
地図とデータ
項目名
所在地 長野県北安曇郡小谷村
湖の成因 湿原池
周囲総長 -
面積 -
最大水深 -
貯水量 -
標高 約1850~約2010[m]
河川 -
写真アルバム